BELLUM/YUKARI OBANA

作詞・作曲・編曲・プログラミング・エンジニアリング・ボーカルすべてを一人で担当し楽曲制作を手掛けるBELLUM(ベラム)/尾花由佳理。 DTMを学んだことで音楽活動の幅が広がった経験や、ボーカルについてのお話、その他お知らせなどを書いていきます。

BELLUM/YUKARI OBANA

SoundCreater&Vocalist

作詞・作曲・編曲・プログラミング・エンジニアリング・ボーカルすべてを一人で担当し楽曲制作を手掛けるBELLUM(ベラム)/尾花由佳理。
DTMを学んだことで音楽活動の幅が広がった経験や、ボーカルについてのお話、その他お知らせなどを書いていきます。

DTMとはなんぞ①~DTMでできること~

DTMって、なんなの?」

自分の今頑張っている分野について説明すると、大概の方にこう言われます。

四年ぐらい前、私もそうでした!「DTMってなんなの、なにができるの」

私自身知識0から始めたDTM

DTMで何ができるのか、

DTMに興味がある人もない人も、音楽をやっている人は是非知っておいてほしい!

 

これからこのブログで私の音楽制作やいろいろなことについて発信できたらな、と考えていることもあり、今日から自分なりに、入り口として「DTMってなんぞ」、という話を書こうかなと思っています。

 

 「DTM」とは「デスクトップミュージック」の略。

パソコンを使って音楽を制作することを指します。

 

音楽を作る、というと以前は「クラシックの作曲家みたいに楽譜を書く」とか「バンドを結成してオリジナル曲をつくる」とか、そういうイメージだった気がします。

楽譜をさらさら書くなんて音楽教育をしっかり受けている人にしか難しいし、バンドを組んでオリジナル曲を書く、なんて音楽づくりまでの道のりがとんでもなく遠いですね……。

 

DTMがポピュラーになってからは、音楽を作ることがものすごく身近な行為なったような気がしています。

なぜならば、DTMであれば

☆一人でできる

☆パソコンさえあればとりあえずはじめられる

☆楽譜が読めなくてもはじめられる

☆楽器が弾けなくてもはじめられる

からです。

(もちろん後々はPC以外にも必要なものが出てくるし、楽譜は読めた方が楽だし、楽器が弾けた方が強いのですが)

 

DTMではいわゆる「打ち込み」という音楽の作り方ができます。

キーボードやマウスで、音を一つ一つ入力することで、音楽をつくっていくことができるんです。

この技術があれば、あらゆる楽器をパソコン上で演奏できるわけです。

オーケストラだって演奏できます。

すごくないですか?

 

かつては「打ち込み」といえばしょぼい音。ピコピコ音。みたいなイメージがありましたが、今では生演奏顔負けの音楽もつくることができますし、音色のクオリティはどんどんあがってきています。

 

もちろん打ち込みだけではなく、

必要な機材があれば生の演奏をレコーディングすることも可能です。

ボーカリストの人であれば自分の歌をレコーディングできるわけです。

流行りの「歌ってみた」はこの技術があればできてしまえます。

アカペラーの人でいえば、本格的な多重録音、一人アカペラができてしまえるわけです。

 

DTMでできることってかぞえきれません。

音楽にかかわるあらゆることができてしまう。

すごくないですか???(二回目)

 

私はDTMをはじめたことで、音楽活動が180度かわりました。

そのこともまたいつか書こうと思ってはいるのですが、

とにかくDTMってものすごい技術なんです。

誰でも音楽家になれてしまう。

誰でもアーティストになれてしまう。

 

次回はDTMをはじめるために必要なもの、について書いていきたいと思います。

 

 

CREA MUSICにて尾花由佳理(BELLUM)のボーカル/DTM入門レッスンをご受講いただけます★楽曲制作のご依頼も★〉ご依頼はCREA MUSICもしくはBELLUM/YUKARI OBANA HPで!

CREA MUSIC/大阪・兵庫でマンツーマンボーカルレッスン/DTM・作編曲レッスン

BELLUM/YUKARI OBANA

広告を非表示にする