読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BELLUM/YUKARI OBANA

作詞・作曲・編曲・プログラミング・エンジニアリング・ボーカルすべてを一人で担当し楽曲制作を手掛けるBELLUM(ベラム)/尾花由佳理。 DTMを学んだことで音楽活動の幅が広がった経験や、ボーカルについてのお話、その他お知らせなどを書いていきます。

BELLUM/YUKARI OBANA

SoundCreater&Vocalist

作詞・作曲・編曲・プログラミング・エンジニアリング・ボーカルすべてを一人で担当し楽曲制作を手掛けるBELLUM(ベラム)/尾花由佳理。
DTMを学んだことで音楽活動の幅が広がった経験や、ボーカルについてのお話、その他お知らせなどを書いていきます。

作曲なんてできる気がしねえ!!の巻

作曲のお話

こんばんは!BELLUMこと尾花由佳理です。

 

現在デジタルアーティストのmayaさんとコラボレーション作品を制作中。

改めて思いますが音楽をつくるのってすごく楽しい!

お料理をしてるみたいだし、

小説を書いてるみたいだし、

絵を描いてるみたいだし、

どこか遠い場所を旅してるみたいです。

本当に素敵なことだなあ。

 

私がはじめて曲をつくったのは、中学生の頃でした。

昔からゲーム音楽のコンポーザーさん(光田康典さん、植松伸夫さんなど)に憧れていて、すごいなあ、かっこいいなあ、と思いつつ、兄の持っていたシーケンスソフト(作曲ソフト)XGworksで、ピアノ曲MIDIデータを作ったのが最初です。

 

メロディは浮かびました。

どこかで聴いたようなメロディでしたが。

そのときはMIDIキーボードも叩かず、

ただマウスでポチポチと鼻唄を打ち込み、

なんとなくピアノ曲が完成。

なんじゃこれ

はじめてつくったにしては悪くないと今は思うのですが、

光田康典さんになりたかった私としては(笑)、

「こんなんつくりたいんじゃない!しょぼい!なんでもっとかっこいいのつくれないの!私には才能がねえ!作曲なんてできねえ!」

という感想しか抱けませんでした。

 

次に作曲をしたのは大学に通ってアカペラサークルに所属していた頃です。

所属するアカペラサークルに新入生をよぶ!というテーマで短い曲を書き、

アカペラグループのみんなに歌ってもらいました。

「作曲なんか無理やと思ってたけど、なんか一曲書けたわ」

それこそ聴いたことのある感じのしょぼい曲でしたが、メンバーに歌ってもらい、人に聴いてもらうと、すごく気分がよかったです。

 

今はお仕事として作曲をさせていただく機会もあります。

ゆえに、みなさん私が容易に作曲してると思うでしょうが(笑)、毎回思います

「作曲なんてできねえ!」

昔の曲聴いてなんじゃこれと思うこともありますし、「昔の私、よくこんな曲書けたなあ」とも思います。

でも、なんとか、作曲という創作活動を継続できています。

毎回びっくりしてます。

私作曲できるんや……!と笑

 

これを読んでくださる方の中には、

「作曲なんて音楽知識が豊富で音感がめちゃんこ優れてる人だけができるもんで、私にはできない!」と思ってる方もいると思います。

私も昔そう思ってましたし、

毎回そう思います(笑)

 

作曲って簡単じゃないです。

 

でもできます

だって毎回そう思いながら、

毎回つくってるもん(笑) 

 

作曲したことない方も、

一緒にどうやっていけば自分の作品が完成するのか、模索していきましょう。

そういったことを今後このブログで書いていければ、と思います。ここで伝えるのはなかなか難しいとは思いますが!

 

3月11日、滋賀のアカペラサークル鱧浪会の勉強会「作曲フォーラム」にて、講師のようなものをさせていただきます。

内容はみんなで考えていますが、

私としてはそういう

「作曲なんてできる気がしねえ!って思ってるやろけど案外できるよ!」ってことを、

なにかしら伝えれたらなあ、と思ってます!

 

サークル外の方もご参加いただけるようです。ぜひ一緒に音楽やりましょう! 

 

 

広告を非表示にする