BELLUM/YUKARI OBANA

作詞・作曲・編曲・プログラミング・エンジニアリング・ボーカルすべてを一人で担当し楽曲制作を手掛けるBELLUM(ベラム)/尾花由佳理。 DTMを学んだことで音楽活動の幅が広がった経験や、ボーカルについてのお話、その他お知らせなどを書いていきます。

BELLUM/YUKARI OBANA

SoundCreater&Vocalist

作詞・作曲・編曲・プログラミング・エンジニアリング・ボーカルすべてを一人で担当し楽曲制作を手掛けるBELLUM(ベラム)/尾花由佳理。
DTMを学んだことで音楽活動の幅が広がった経験や、ボーカルについてのお話、その他お知らせなどを書いていきます。

【端的に触れてみる】ミックスってなんや①

こんにちは!BELLUMこと尾花由佳理です。

一人アカペラ記事を書いている最中ですが、

最近ミックスをしたいからそれに関する記事を待ってます!という要望が多く、

ミックスってなんなのか、っていうところを私も改めて勉強したいと思い、

この番外編を色々かっ飛ばして書いている次第です。

 

ミックス。

音楽制作をはじめて一番意味が解らなかった部分であり、

正直今もまったく正解がわからない部分であり、

勉強と思い諸先輩のこだわりを聞けば聞くほどわからなさが増す部分であり、

学校通っているとき「尾花さんはミックスが惜しいですね」と言われ続けた……、

それがミックスです(違う)

 

音楽制作をはじめて自分で学びだすと、

ミックスに関する知識があほほど散らばっております。

読めば読むほど分からなくなるのが私。

一部の皆さんもそうではないでしょうか?

 

ということで、今から何編かにわけ「実際のミックスチュートリアル」ではなく、ミックスってだから何よ!?てことを私自身が勉強していきたいと思います。

お付き合いください!

 

  • ミックスってなんや

難しいことは大嫌いなので、簡単にまとめると、

ミックスとは「色んな音をいい感じに混ぜ合わす作業」です(笑)

一人アカペラなら各パート、歌ってみたなら歌とオケ、

他にもたとえばギターとピアノとベースとドラムと…とか。

DTMを使って音楽を制作するということは、

色々な音声データを用意して複数のトラックを同時に鳴らすということになると思うんですが、

同時に鳴らした時にいい感じに聴こえるようにきれいにまとめるっちゅーことですね。

いい感じにまとめるためには、それぞれトラックの音量・音色・定位というものをいい感じに調整していかねばなりません。

その作業こそがミックス

 

  • 定位てなんや

音量・音色は意味がわかると思うんですが、定位とはなんぞ。

簡単に言うと「位置」のことです。

モノラル・ステレオって聞いたことがあると思うんですが、

モノラルは一つのスピーカーから色んな音がまとめてでてきますが、

ステレオは左右二つのスピーカーそれぞれから違う音がでてきます。

右のスピーカーから音が流れてくると、右から聞こえてくる感じがしますよね。左のスピーカーから流れてきたら、左の方から聞こえてくるなーって感じがします。

楽器やパートの位置を整理して重ならないようにしたり、左右のバランスを整えたりすることで聴きやすくなるんですね。

 

さて、各トラックの音量や音色や定位を整えることがミックスですよ、

ということでおさまりましたが、

次はじゃあその音量や音色や定位を整えるにはどうしたらいいの?という内容です。

 

南海河内長野駅より徒歩スグ!マンツーマンボーカル・ボイストレーニングレッスン、コーラスグループレッスンを受講しませんか??【CREA MUSIC KAWACHINAGANO】

CREA MUSIC(クレアミュージック)/大阪府河内長野市でボーカルレッスン・ボイストレーニング

CREA MUSICにて尾花由佳理(BELLUM)のボーカル/DTM入門レッスンをご受講いただけます★楽曲制作のご依頼も★〉ご依頼はCREA MUSICもしくはBELLUM/YUKARI OBANA HPで!

CREA MUSIC/大阪・兵庫でマンツーマンボーカルレッスン/DTM・作編曲レッスン

BELLUM/YUKARI OBANA

広告を非表示にする